タイヤとタイヤ空気圧で燃費は変わる?

「低燃費タイヤ」表示制度スタート 車体だけじゃなく、足回りもエコ(Yahoo!ニュースより)

車を購入してから、ガソリンを入れるたびに
入れたガソリンの量と走行距離をメモっている。

最初は、"燃費の悪さ"がどのくらいなんだろうと
興味本位でメモし始めたのだけど、
いつのまにか習慣になってしまった。

そんな中、このところあまり載っていないし、
町乗りか山道か高速かでも当然変わってくるので一概には言えないけど、
最近少し燃費が上がったような気がしていた。

比較要素として、例えばほぼ高速道路のみで走った場合の燃費が、
それまでは7~8km/Lだったのが9km/Lを達成したのだ。

一つ言えるのが、昨年夏にタイヤ交換したことと、
タイヤの空気圧を気にするようになったこと。

今の車庫が少し斜めになっているため、しばらく乗らないと
どうしても片側の空気圧が余分に減ってしまうので、
去年新しいタイヤにしたのを機に、タイヤの空気圧は
ガソリンを入れるたびにチェック&補充することにしている。

タイヤ自体の効果と空気圧の効果、どちらがどのくらい
影響しているのかはわからないけど、タイヤを気にすることで
燃費に対してプラスになっていることは確かなようです。

ちなみに、パジェロエボリューションの過去6年半の平均燃費は5.83km/Lです。
エコにはほど遠いけど・・・^^;

また、タイヤは YOKOHAMA GEOLANDAR(ジオランダー)A/T (2003年購入)から
ダンロップ 「GRANDTREK(グラントレック) AT3」への変更です。
HTタイヤに比べれば燃費性能は劣るでしょうが、
『当社従来品(GRANDTREK AT2)に比べ、転がり抵抗が約9%削減しています』
と記載があるくらいなので、7年前のATタイヤと比べれば
いくらか良くなっているのでしょう。




トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: タイヤとタイヤ空気圧で燃費は変わる?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://drive.40d.jp/mt/mt-tb.cgi/542

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。


 
Powered by Movable Type 4.27  Firefox ブラウザ無料ダウンロード